岡 崎
 

2005.05.04

岡崎には『法蔵寺』というお寺がある。その『法蔵寺』に「新選組局長 近藤勇」の首塚があるということは、たぶんあまり知られてはいないだろう。それにたとえ知っていたとしても、そんなことがあるわけないって軽視されているんじゃないかな? 

去年、偶然朝の情報番組で愛知県に近藤さんに縁のお寺があるというようなことを耳にした。その時はただ聞こえてきただけでテレビを観ていた訳ではなかったんで、詳しいことは全然わからなかった。聞き間違いだったのかな? とさえ思った。

ところが今年の4月にまたまた朝の情報番組で、愛知県の近藤さんに縁のお寺で近藤さんの命日である25日に合わせて法要が行われたという話を耳にした。そこで今度は本格的にネットでそのお寺の事を調べてみた。

その結果、お寺は岡崎市にある『法蔵寺』というお寺で、松平家の菩提寺でもあるらしいとわかった。名鉄本線の本宿駅から歩いて10分ほどのところにあると書いてあったんで、駅スパートで調べたら本宿駅は地元の駅から急行で1時間10分ほどのところだった。これなら行けそうだ。いつか行ってみようと思った。

ちなみにいつも朝の情報番組を目にするのではなく耳にするのは、その番組を観ているのではなくて時計代わりに点けているだけだから(笑)。番組のコーナーで大体の時間が解かるんだよね。

そしてゴールデンウィークもあと1日で終わるという5月4日。
せっかくの大型連休なのに何処にも行かないまま終わってしまうなぁ・・・。なんて考えてて「あ、そうだ!」と『法蔵寺』に行くことにした。それから仕度をして地元の駅を12時55分の快速急行豊橋行きに乗りこむ。電車の中はガラガラだった。

14時05分、本宿駅に到着。改札を出たところで壁に地図が貼ってあるのを見つけた。自分でも一応 地図は用意してあったんだけど。ネットで検索して貼り合わせた地図しかなくて詳しい道とかが解からなかったんだよね。でも壁の地図を観てもよく解からなくて・・・取り敢えず駅の外に出てみた。

本宿駅の看板

 

タクシー乗り場にあった地図

 

すぐ目の前にはバス停があった。そして左の方に少し行くとタクシー乗り場。そのタクシー乗り場の辺りに地図があった。見てみると今度のは解かりやすそう。この地図を一生懸命頭に入れようとしたけど・・・入らない(涙)。これが印刷して駅にでも置いてあればなぁ・・・。

「お年寄りに注意」の標識

   
  それでも左に行った最初の交差点をを渡るのは確実みたいだと歩き出し、交差点を渡って少し歩いたところで三叉路にぶつかった。地図を何度も見ながらこれは左に行けばいいんだよな。先ずは『法蔵寺』よりも手前にある『富田病院』を探そうと決めた。

地図から顔を上げ、フとおばあさんの絵の描かれた標識が目に入った。なんだこれ? 「お年寄りに注意」って書いてあるよ・・・。こんな標識初めて見た。

これって全国的なもん? それともここだけのもん? 首を捻りながら左側の道を進む。すると前方の電柱に『富田病院』の看板発見! 看板の通りに道を曲がり坂を上って行くと・・・あった! 『富田病院』だ。でも、行き止まりっぽい。その辺を見てみたけれど『法蔵寺』に続くような道はなさそうだった。仕方がないんで坂を下って『富田病院』の看板のあった電柱まで戻り、その先まで少し歩いてみたけど『法蔵寺』は見当たらない。こっちだと思ったんだけどなぁ・・・逆の方に行ってみるかと、もと来た道を逆戻り。

「お年寄りに注意」の標識を過ぎたところで前方から犬の散歩をしている女の人発見!
「すいません、『法蔵寺』って何処ですか?」と訊いてみた。そしたら女の人は私の後ろを指差して「向こう」とひと言。「えっ?」 む、向こうって?・・・もうちょっと詳しく教えてくれないかなと思ったんだけど。女の人に再び「向こう」と言われて「ありがとうございました」とお礼を言うしかなかった。

『法蔵寺』の看板

   
  またまたもと来た道を引き返し、さっきの『富田病院』の看板のある電柱を通り越したとこよりも更に先に行くと。電柱に『法蔵寺』の看板が! なんだ、もう少し先まで行けば良かったんだ。

看板の指示通りに道を曲がって少し歩くと道端に『東海道』と書かれた道標(?)が建っていた。ここって東海道だったんだ。そしてその標識を曲がると。
あった! 橋の向こうに『法蔵寺』発見!

『東海道』と書かれた道標

 

『法蔵寺』