京都

 

2004.12.11

今年、東京に新選組関係のフェスタや史跡を訪れた。紺野さんのHPの常連さんたちも私同様、紺野さんの案内で訪れたみたいだ。でも、新選組関係のフェスタや史跡があるのは東京だけじゃなく、京都にもある。京都かぁ・・・京都までは行けないよなぁ・・・そんな風に思っていたんだけど・・・突然気がついた。京都って近いんじゃなかったっけ?

「駅すぱあと」やネットで調べたら、京都は新幹線で1時間程度、在来線でも2時間程度で行ける場所だった。しかも料金は新幹線なら6,150円だけど、在来線なら2,210円。在来線で行けば往復でも5,000円かからないってことだ。はっきり言って愛知県の某所に行くよりも時間も料金もかからない。京都の某所では「大新選組展」なんてものを開催してる。

これらの事実は私に京都に行けと言ってるようなもんだ。←ホントか? でも、京都に行くには重大な問題が1つある。案内人がいないってこと。私1人で京都に行って来れるのか? いつもなら無理! と諦めるところだけど・・・今回の私はいつもの私じゃなかった。えい! 行っちゃえ!ってことで京都に行くことにした。

でも、その前にしっかりと下調べをしておかなきゃ。第1の目的地は「大新選組展」を開催しているところ。第2の目的地は「新選組 壬生屯所旧跡(八木家)」。それからは・・・この2ヶ所に行けるかどうかを調べてから考えよう。

てことで、先ずは「大新選組展」を開催してい「霊山歴史館」のHPの、「地図・交通手段」ってベージを開く。そこには『JR京都駅から 市バス東山回り206系統・東山安井下車、徒歩約5分』と書いてあった。京都駅から市バス?だったら行けそうじゃん♪ と、バス停からの地図が載っているそのページを印刷。

でも、206系統・東山安井って何処行きに乗ればいいんだ? そこで今度は京都の市バスのHPを開く。バス停名で検索して「東山通 北大路バスターミナル」行きっていうのに乗ればいいと確認した。206系統って違う経路が2つあるんだな。ただ206系統ってだけで違う方に乗っちゃったら大変だ。調べて良かった。

だいたい(名古屋は知らないけど)私の住んでる市にはバスに何系統なんてものはない。 何系統のバスなんてものは東京でバスに乗って初めて知った。そのおかげで予備知識があったから良かったけど。予備知識がなかったら206系統ってなに? ってことになってる。近藤(勇)さんに感謝だな。←これは「紺野さん」の間違いじゃない。何故なら東京でバスに乗ったのは近藤さん関連の場所に行く時だけだったから。(笑)

「東山通 北大路バスターミナル」行きが止まるバス停の順番も検索。「東山安井」は「清水道」と「祇園」の間にあるんだな。「清水道」の次が「東山安井」だ。これも印刷。それから「JRおでかけネツト」で京都駅構内図を印刷。降りるときのホームと市バス乗り場の位置を確認。降りたらこっちに行けばいいんだな。 

それから京都駅の市バス乗り場案内図も印刷して乗り場を確認。こっちの乗り場だと違う方の206系統のバスに乗っちゃうな。私が乗りたい方の206系統はここから乗るんだな。次に「新選組 壬生屯所旧跡(八木家)」のHPの「見学のご案内」ってページを開く。ここでも『京都市バス 「壬生寺道バス停」より徒歩1分』と書いてあった。市バスってことは京都駅から出てるんだよね? 何系統かは調べれば解かるよね? どうやらどっちにも行けそうだぞ。

だったらもうちょっと他にも行けるかな? と、今度は他にも行けそうな場所を検索してみた。そしたら「JRおでかけネット」の中に「新選組を訪ねて」ってページがあった。そこにはいくつかのコースと地図が載っていた。その中の「壬生界隈モデルコース」を見ると、コースの中に「八木邸」が入っていて、所要時間1時間って書いてある。これいいかも。

スタートは京都駅から1区目の丹波口駅ってとこ。そこから新選組関連の場所を1時間かけて歩き、京都駅から2区目の二条駅がゴール。電車1区間の距離だ。詳しい地図もあるし、これなら行けそうだな。と、このコースに決定。「壬生界隈モデルコース」のコースと地図を印刷した。

丹波口駅は嵯峨野線に乗ると書いてある。印刷した京都駅の構内図を出して嵯峨野線のホームの場所を確認し、そこに赤丸を付ける。同じように市バス乗り場と帰りに乗る電車のホームにも赤丸。それから京都駅に着いたときのホームから出口への経路とトイレの場所も確認。 米原駅の構内図も印刷して行きと帰りのホームも確認。と言っても米原駅はそんなに大きくなかったんで、行きも帰りも同じホームだった(笑)。

最後にいつもお世話になってる『えきねっと「時刻・乗換案内」』で、行きは3パターン、帰りは6パターンの時刻案内を検索。もちろん乗換えが1回で済むものばかり(笑)。エクセルで表を作って、最寄の駅の発着時刻、米原駅の発着時刻、京都駅の発着時刻。それぞれの乗車時間と乗換えの時の待ち時間を入力して印刷。

印刷した全ての資料をファイルに挟んで準備完了。