くろすけ&まいの場合

 
    5ヶ月前のある日、外猫のうちの1匹が仔猫を3匹連れて来た。
   毛色が黒とサビとトラの3匹。
   放っておくわけにも行かず、この仔猫たちにもエサをやる羽目になった。
   
   エサをやり始めて1ヶ月ほど経った頃、黒猫の様子がおかしくなった。
   エサを食べなくなって、ジッと動かない。
   どうやら風邪を引いたみたいだ・・・どうしよう。
   3日経っても状態は変わらない、このままでは死んでしまう。
   まだ触らせてくれるほど慣れていなかった仔猫の隙を見て捕まえた。
   
   病院に連れて行ったら、やっぱり風邪だったので点滴をしてもらった。
   外に出したら死んでしまうと言われ、治るまで家の中に置いておくことにした。
   点滴のおかげで翌日にはエサを食べるようになり、ホッとした。

   1週間くらい経った頃、様子を見ていつ外に出そうかと考えていたら、
   今度はサビ猫の様子がおかしい。
   やっぱりエサを食べなくなって、ジッと動かない。
   こいつは病院に連れてくのが遅れて、黒猫よりも重症だった。
   点滴をしてもなかなかエサを食べなくて、エサを食べるようになるまで
   1週間近くかかり、その間毎日点滴に連れて行った。

   2匹ともすっかり元気になった頃、ダニにやられているのを発見。
   病院に連れて行ったら、1週間おきに3回くらい注射をしないと治らない
   と言われ、外に出したらもう捕まらないだろうと、注射が終るまで
   外に出すのは延期となり、この際予防注射もしよう(予防注射は1回目を
   打ったら、2回目は3週間後となっていた。)と、 更に外に出すのは延期になった。
  
   そして、2匹の仔猫は家の中に入れて4ヶ月経った現在、避妊手術もしないと
   外には出せないよなと、まだ家の中にいる。
   まずはオスの黒猫から去勢手術をしないと、子供が出来てしまうと黒猫から
   手術をする事にした。(まだ、してないけど。)
   でも外に出すんなら、オス猫の手術なんてしなくてもいいんだよな・・・。


   
結局こいつらも『うちの猫』になってしまったと言う事だ。